『ジェンダー研究』第13号

『ジェンダー研究』一覧に戻る

各号にある全文PDF マークをクリックいただくと当該号の全データPDFが、各論考タイトルをクリックいただくと当該論文のPDFがダウンロードできます。

ジェンダー研究 第13号(ジェンダー研究センター年報 通巻30号) 全文PDF

今号には、若手研究者による、再生産領域における女性の移動を扱った3本の論文と、身体のポリティクスに着目した研究ノート1本を収録。センターの研究活動報告では、ジェンダー予算に焦点を当てた寄稿論文を掲載。「湯浅年子生誕百年記念メモリアル・カンファレンス」講演録と合わせて、書評欄でとりあげた3冊は、それぞれに主題は異なっているが、日本のジェンダー秩序の変遷をたどる内容である。

論文
「フィリピン人移住家事労働者の帰還と再統合をめぐる政治」 越智方美
「市場経済化前夜の中国における「貯水池」としての女性」 大橋史恵
「人身取引研究の展開と課題」 大野聖良

研究ノート
「女から女への性転換」 小畑文

研究プロジェクト活動報告
「研究プロジェクト『新自由主義の展開と女性政策の変遷』について」 足立眞理子・舘かおる・申琪榮・大橋史恵
「東アジアにおけるジェンダー予算導入の現状」 村松安子
“Institutionalizing Gender Budgeting”,  Young-Ock Kim

講演会記録
キュリー家の流れを汲む日本の女性研究者 湯浅年子 エレーヌ・ランジュバン=ジョリオ(高野勢子訳)
解題 舘かおる

書評
関民子著『只野真葛』 柳谷慶子
森田雅子著『貞奴物語』 新實五穂
ティアナ・ノーグレン著『中絶と避妊の政治学』 澤田佳世

ジェンダー研究センター彙報〈平成20年4月1日~平成21年3月31日〉
編集方針・投稿規定
編集後記

カテゴリー別記事一覧