『ジェンダー研究』第16号

『ジェンダー研究』一覧に戻る

各号にある全文PDF マークをクリックいただくと当該号の全データPDFが、各論考タイトルをクリックいただくと当該論文のPDFがダウンロードできます。

ジェンダー研究 第16号(ジェンダー研究センター年報 通巻33号) 全文PDF

2013年3月刊

寄稿論文は、シンポジウム「ケア・エコノミーの現在:労働概念の拡張をめぐって」におけるS. ヒメルヴァイト教授の基調講演録である。投稿論文は、労働経済学、メキシコ文学分野における2本を、翻訳はドイツ哲学者フンボルトおよび台湾文学の王鈺婷論文、そして政治、経済、社会、歴史学分野のジェンダー研究書の書評5本を掲載。

■特別寄稿
“Care: Feminsit Economic Theory and Policy Challenges”, Susan Himmelweit

■投稿論文
「賃金と仕事満足の変化と離転職――日本家計パネル調査の結果から」 田中規子
「「職場の雰囲気」が女性の離職に与える影響――企業属性別にみたデプスインタビュー」 寺村絵里子
「<産まない>女に夜明けは来ないのか――『真夜中の祈り』を通して見る作家の戦略」 洲崎圭子

■翻訳
「性差およびその有機的自然に及ぼす影響について」 ヴィルヘルム フォン・ フンボルト(杉田孝夫・菅野健訳)
解題 杉田孝夫
「台湾1950年代におけるモダン女性作家の露出戦略と文化的意味」  王鈺婷(西端彩・范文玲・天神裕子訳)
解題 西端彩

■書評
大沢真理編『『公正なグローバル・コミュニティを――地球的視野の政治経済(ジェンダー社会科学の可能性 第4巻)』 大野聖良
徐阿貴著『在日朝鮮人女性による「下位の対抗的な公共圏」の形成大阪の夜間中学を核とした運動』 森千香子
石原あえか著『ドクトルたちの奮闘記ゲーテが導く日独医学交流』  小川眞里子
シパ・マリヤム・ジョージ著 『女が先に移り住むとき――在米インド人看護師のトランスナショナルな生活世界』(伊藤るり監訳) 小ヶ谷千穂
ロピン・M・ルプラン著『パイシクル・シティズン――「政治」を拒否する日本の主婦』(尾内隆之訳) 大木直子

■客員教授プロジェクト成果刊行
キャロリン・ソプリチャ著 『フィリピンにおける女性の人権尊重とジェンダー平等』 舘かおる

ジェンダー研究センター彙報

編集方針・投稿規程

編集後記

 

カテゴリー別記事一覧