IGS Project Series

印がある号のリンクから目次ページへ飛び、各PDFファイルをダウンロードできます。

IGS Project Series 1
IGS Seminar “Choice and Consent in Prenatal Testing” 

Speakers: Catherine Mills, Azumi Tsuge 
Commentator:Marcelo de Alcantara
Coordinator:Yukari Semba

IGS Project Series 2
国際シンポジウム「はたして日本研究にとってジェンダー概念は有効なのか?
人類学の視座から改めて問う

コーディネーター:棚橋 訓
報告者:マリー・ピコーネ、松岡悦子、加藤恵津子
ディスカッサント:新ヶ江 章友、熊田陽子

IGS Project Series 3
マリー・ピコーネ特別招聘教授プロジェクト
「1980年代以降の日本における水子供養」

  • 国際シンポジウム「はたして日本研究にとってジェンダー概念は有効なのか?」
  • セミナー「“センシティヴ”なテーマに関わる面接調査と質問紙調査」
IGS Project Series 4
アン・ウォルソール特別招聘教授プロジェクト
「信仰、政治、愛情:平田篤胤一家の社会史」

  • セミナー「いい兄貴―わるい弟:Gender Dynamics in an Early Modern Family」
  • 国際シンポジウム「科学と工学を目指す女性へ」
IGS Project Series 5
国際シンポジウム「家族、仕事、ウェルビーイングの国際比較」
報告者:根本宮美子、小野坂優子
Discussant:スーザン・D・ハロウェイ、石井クンツ昌子
IGS Project Series 6
スーザン・D・ハロウェイ特別招聘教授プロジェクト
「日本の家族生活と幼児教育・保育の背景の変化」

  • 国際シンポジウム「家族、仕事、ウェルビーイングの国際比較」
  • セミナー「現代日本における家庭と学校教育:外国人研究者の視点と研究」
IGS Project Series 7
国際シンポジウム「女性、宗教、暴力:国際的視点からの再考」 
コーディネーター:エリカ・バッフェッリ
基調講演:アートリー・セン
コメンテーター:松尾瑞穂、小川真理子
IGS Project Series 8
エリカ・バッフェッリ特別招聘教授プロジェクト

  • 国際シンポジウム「女性、宗教、暴力:国際的視点からの再考」
  • セミナー「立ち位置を考える:日本の新宗教フィールドワークからの考察」
IGS Project Series 9
IGS Seminar: “The Ethics of Prenatal Testing”
Speakers: Catherine Mills, Kaori Muto
Discussant: Yasushi Ishida
Facilitator: Yukari Semba
IGS Project Series 10
Symposium: “Financialization, Employment, and Gender Inequality”
金融化、雇用、ジェンダー不平等

Speaker: Jayati Ghosh, C.P.Chandrasekhar
Commentater  Makoto Itoh
Coordinator: Mariko Adachi, Hiroaki Itai
IGS Project Series 11
訳者と語る『京城のモダンガール―消費・労働・女性から見た植民地近代』

IGS Project Series 13
日本における女性と経済学

報告者:上村協子、栗田啓子、松野尾裕、生垣琴絵
討論者:池尾愛子、足立眞理子、金野美奈子
論点提供者:伍賀偕子

 IGS Project Series 17
生殖医療で形成される多様な家族と当事者のウェルビーイングを考える研究会

報告者:久慈直昭、仙波由加里、東小雪、青山真侑、奈倉道隆、清水清美、渡辺みはる、小泉智恵
 IGS Project Series 20(「東アジアにおけるジェンダーと政治」Booklet Series 1)

台湾におけるジェンダークオータ

  • 女性の政治参画を考える院内集会「台湾はなぜアジアで2番目に女性議員が多いのか?~議席割当と候補者クオータ~」
  • セミナー「誰のための議席割り当てなのか?:台湾の選挙におけるジェンダークオータの影響」
  • 国際シンポジウム(お茶の水女子大学創立140周年記念シンポジウム):「女性のリーダーシップと政治参画~グローバルな視点から」

 

カテゴリー別記事一覧