Events

2/8 【学内向け】セミナー「ミレニアル舞妓」

【学内向け】IGSセミナー「ミレニアル舞妓」
Millennial Maiko:The Geisha Apprentice in Japanese Popular Culture

日時:2019年2月8日(金)14:30~16:00
会場:本館125室

Images of maiko (apprentice geisha) greet tourists at many sites in Kyoto, embodying the ancient Japanese capital in its cutest, most welcoming form. Although only about seventy-five young women work as apprentices today, representations of maiko abound in the city. Perky maiko decorate maps, menus, and city posters, and morph into post-it notes, hand towels, and even cappuccino designs. Avid fans of maiko go to photo studios in Kyoto where they can be costumed as maiko themselves. This cos-play attracts Japanese and international tourists of all ages. Unlike the revered artifacts and heroes of Kyoto’s past, the maiko inspire play. How does the maiko as Cool Japan and Kyoto kawaii (cute) frame “old Japan” itself as an inviting consumable? Why has the teenage maiko displaced the geisha as Kyoto fantasy femme? And what do we learn about girlhood in millennial Japan as we analyze this good-girl image?

ジェンダー研究所では、ジャン・バーズレイ特別招聘教授によるセミナー「ミレニアル舞妓」を開催します。ポスター画像やキャラクターグッズに使われるかわいらしい舞妓のイメージが、21世紀の現代、なぜこんなにも人々を魅了しているのかに迫る講義内容です。講義は英語ですが、質疑応答・討論には日英言語でご参加いただけます。大学院生・教員・研究者を対象としていますが、学部生も歓迎します。
バーズレイ特別招聘教授は2019年度前期には博士前期課程「男女共同参画論演習Ⅰ」として「日本のファッション:歴史、文化、政治経済」を開講されます。鹿鳴館ファッション、1920年代のモガ、1980年代のアバンギャルド・ファッション、グローバル・ロリータ・ファッション、持続的なファッションの試み、などのテーマが取り上げられる予定です。演習に関心をお持ちの方は是非このセミナーにも参加してください。

ジャン・バーズレイ (ジェンダー研究所特別招聘教授/ノースカロライナ大学チャペルヒル校アジア学教授)

 

参加申込(本学教職員、院生、研究生、学部生) 申込フォーム

主催:お茶の水女子大学ジェンダー研究所