10/24【学内向け】セミナー「Legal gender recognition & messy trans experiences in Norway」

IGS Seminar, “Legal Gender Recognition & Messy Trans Experiences in Norway”

日時:2019年10月24日(木)13:20~14:50
会場:人間文化創成科学研究科棟408

ジェンダー研究所が共同事業を進めているノルウェー科学技術大学ジェンダー研究センターの研究者を講師にお迎えしてのセミナーです。ノルウェーでは2016年に性自認に基づく性別変更が法的に認められました。しかし、トランスジェンダーとして生きていくことの難しさは、法に基づく認知とはまた別のところにも存在することに、鋭く切り込む研究発表です。奮ってご参加ください。

講師:France Rose Hartline(ノルウェー科学技術大学博士後期課程)

In 2016, Norway legalised gender self-determination, allowing for one to change legal gender (male/female) without the previously required sterilisation. The questions at the crux of my presentation is, What impact does legal recognition of one’s gender identity have on one’s sense of self? And, is the law really as progressive for trans people as it appears to be? Drawing on interviews I conducted in late 2016 with 12 individuals who changed legal gender following the law’s implementation, I explore a diversity of experiences to shed light on how gender, power and identity are experienced by individuals compared to how these concepts are applied by legislation and interpreted on a societal scale. In doing so, I seek to address the limitations of state recognition in trans materialisation, by considering how socio-legal interpretations of affect contradict the messy, tangled queerness of trans experiences.

使用言語:英語(通訳なし)
対象:本学学生、教職員 →参加申込フォーム

【主催】お茶の水女子大学ジェンダー研究所(グローバル女性リーダー育成研究機構)

本セミナーは、ノルウェーリサーチカウンシルのINTPART助成金による、ノルウェー科学技術大学ジェンダー研究センターとジェンダー研究所の共同事業「Norway-Japan: Bridging Research and Education in Gender Equality and Diversity (NJ_BREGED)」の一環です。