Events 2016

2/22 セミナー「日本における女性と経済学」

IGSセミナー:日本における女性と経済学
日時:2017年2月22日(水)13:40~18:00 *開場13:30
会場お茶の水女子大学本館2階第1会議室(213室) 

    昨今、女性と経済学をテーマにした研究が進展する中、日本における女性と経済学の問題を検討するセミナーを合評会形式で開きます。対象テクストは栗田啓子・松野尾裕・生垣琴絵編著『日本における女性と経済学 ― 1910年代の黎明期から現代へ』(北海道大学出版会、2016年)です。
経済学教育や家政学の歴史、女性経済学者の生活に定位した研究、労働運動フェミニズムなどの論点について、山川菊栄、森本厚吉、松平友子、伊藤秋子、御船美智子、竹中恵美子らの議論を検討します。
当日は執筆者の方々にお越しいただいて議論を行なう予定です。ご参加をお待ちしております。
司  会 板井広明(お茶の水女子大学ジェンダー研究所)
報告者 上村協子(東京家政学院大学)
栗田啓子(東京女子大学)
松野尾裕(愛媛大学)
生垣琴絵(沖縄国際大学)
討論者 池尾愛子(早稲田大学、紙面討論者)
足立眞理子(お茶の水女子大学ジェンダー研究所)
金野美奈子(東京女子大学)
論点提供者 伍賀偕子(元大阪総評オルグ、元関西女の労働問題研究会代表)

参加申込フォーム (入場無料)

主催:ジェンダー研究所

 

 

 

カテゴリー別記事一覧