Events

7/10【学内向け】セミナー「冷戦初期の日本におけるファッションショー外交」

IGSセミナー「冷戦初期の日本におけるファッションショー外交:フェミニスト視点からの批判的考察」

日時: 2019年7月10日(水)15:30~17:00
会場:国際交流留学生プラザ2階 多目的ホールA

ジャン・バーズレイ特別招聘教授によるセミナー「冷戦初期の日本におけるファッションショー外交:フェミニスト視点からの批判的考察」を開催します。1950年代に盛んに開催されたファッションショーを、戦後、冷戦、外交、日米文化交流、ジェンダー、フェミニズムといったキーワードで読み解きます。講義は英語ですが、質疑応答・討論には日英言語でご参加いただけます。大学院生・教員・研究者を対象としていますが、学部生の参加も歓迎します。

講師:Jan Bardsley(ジェンダー研究所特別招聘教授/ノースカロライナ大学チャペルヒル校教授)

How can we analyze Cold War dynamics from a critical feminist perspective?  
What methods and sources prove useful and what is our goal?

This seminar explores these questions by examining the popularity of fashion shows in early 1950s Japan. American women in Tokyo organized shows for cultural exchange and charity benefits, often inviting Japanese women. In turn, Japanese sewing schools held their own shows, inviting Americans. Major fashion shows did diplomatic work, even celebrating the 1951 Security Treaty. Shows were lighthearted, but they were not innocent. These runways promoted Cold War notions of security and economic success as intertwined with representations of gender, class, race, and national identity. Drawing on recent feminist scholarship on Cold War Japan, we take a fresh look at the politics of the 1950s fashion show.

対象:本学教職員、院生、研究生、学部生

要事前申込(入場無料)申込フォーム

【主催】お茶の水女子大学ジェンダー研究所(グローバル女性リーダー育成研究機構)