Events 2016

11/8 セミナー “The Lives of Samurai Women of the Edo Period”

20161108b日時: 2016年11月8日(火)19:00~20:30
会場: お茶の水大学本館125室

ラウラ・ネンツィ特別招聘教授の企画によるIGSセミナー「The Lives of Samurai Women of the Edo Period(江戸時代の武家の女性たち)」を開催いたします。講師のルーク・ロバーツ教授(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)は、長年、土佐藩の歴史研究に取り組んでおられ、今回の講義では土佐山内家の家臣、森家の記録から読み解いた武家の女性たちの生についてお話しいただきます。家父長制度という建前の背後に迫る歴史研究についてうかがえる貴重な機会ですので、是非、足をお運びください。

This talk will describe the lives of samurai women of the Mori house in Tosa domain in the Edo period.  The Mori house was an average 200 koku house of the rank of mounted guard.  Patterns of government documentation tend to erase the presence of samurai women and make it difficult to recover stories of their lives, yet the abundant Mori family records allow us to reconstruct stories of their lives and also uncover many of the untruths in daimyo government records that were created to preserve an image of stable patriarchy.

講師:ルーク・ロバーツ(カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授)
コーディネーター/司会: ラウラ・ネンツィ(IGS特別招聘教授/テネシー大学教授)
参加申込:参加申込フォーム
使用言語:英語
主催: ジェンダー研究所

 

 

 

カテゴリー別記事一覧