イベント情報2018

10月

10/1「ブリテンにおける「リベラル・フェミニズム」再考」

日時:2018年10月1日(月)13:00~17:30 
会場:お茶の水女子大学本館135室(カンファレンスルーム)

フェミニズムの歴史では、18世紀末から20世紀中葉までを、第一波フェミニズム、あるいはリベラル・フェミニズムと総称することが一般的であった。それは公私二元論に無反省に立脚し、男女同権、すなわち平等な法的権利の獲得を目指す運動と見なされてきた。しかしブリテンにだけ目を転じてみても、その時期の思想家が女性への法的権利付与を要求した根拠や、同時代の女性の隷従状態を批判した内実は、第二波フェミニズムが批判するような、単純な公私二元論を前提にするものではなかった。そこで本セミナーでは、18世紀末のフェミニズム草創期の思想家から、のちの女性参政権運動へと連なる、フェミニズム思想の多様な諸相を思想史的な視点から丁寧に紐解き、その姿を浮き彫りにするとともに、現代におけるフェミニズム思想への貢献としたい。

コーディネーター:板井広明(お茶の水女子大学IGS)

報告者  
梅垣千尋(青山学院女子短期大学) 「ウルストンクラフトのフェミニズム:理性・徳・知識における平等」
板井広明(お茶の水女子大学IGS) 「ベンサム功利主義における女性・結婚・両性の平等」
土方直史(中央大学・名誉教授) 「1820年代のイギリス・フェミニズムと功利主義」
山尾忠弘(慶應義塾大学・院) 「J.S.ミルとウィリアム・トンプソン:リベラルフェミニズム概念の批判的再検討にむけて」
舩木恵子(武蔵大学) 「ヴィクトリア時代の経済発展とフェミニズムの理論化」
討論者  
後藤浩子(法政大学)  
小沢佳史(九州産業大学)  

入場無料、要事前申込 申込フォーム 

主催: お茶の水女子大学ジェンダー研究所


6月

6/30 国際シンポジウム「女性政治リーダーはいかにして「育つ」か?」

女性の政治リーダー育成は、日本に限らず世界各国・地域で大きな課題となっています。高校生や大学生を含む若い世代の政治参加を促し、その中からリーダーとなる人材を育成することは、解決の一手となるでしょう。本シンポジウムの第1部の基調講演では、日本と韓国の現職国会議員から、女性政治家としての現在に至るまでのキャリアパスについて伺います。第2部では、日本における女性政治リーダー育成の実績とこれからの課題、ドイツの政党における若手リーダーシップ育成などについて、パネリストから報告を受け、政治分野における女性リーダー育成の課題について議論します。

【日時】2018年6月30日(土)13:30-17:00(13時開場)
【会場】お茶の水女子大学 大学講堂(徽音堂)
【対象】本学学部生・大学院生、教職員、一般
※どなたでもご参加いただけます。(要事前申込)

<第1部 基調講演>
【基調講演者】
・野田 聖子氏(総務大臣、女性活躍担当大臣、内閣府特命担当大臣、衆議院議員)
・陳 善美(チン・ソンミ)氏(韓国国会議員、弁護士)

<第2部 パネルディスカッション>
【パネリスト】
・円 より子 氏(元参議院議員 女性のための政治スクール 校長)
・ヨハンナ・ウッカマン 氏(独・社会民主党常任理事、元党青年局全国代表)
・陳 善美(チン・ソンミ)氏(韓国国会議員、弁護士)

【パネル司会】
・申 琪榮 (シン・キヨン)(お茶の水女子大学 ジェンダー研究所 准教授)
【総合司会】
・大木 直子(お茶の水女子大学 グローバルリーダーシップ研究所 特任講師)

【申込み】申込みはこちら(新しいウインドウが開きます)
【その他】■日韓英同時通訳あり  ■託児あり(小学生以下・無料・要申込)

【主催】グローバル女性リーダー育成研究機構 グローバルリーダーシップ研究所  ジェンダー研究所


6/26 「近代日本のファッション文化を再考する:女性・近代化・対抗文化」

IGSセミナー(東アジアにおけるジェンダーと政治②)

日時:2018年6月26日㈫18:00~20:30
会場:お茶の水女子大学共通講義棟2号館101室

 『洋服と日本人』(廣済堂出版、二〇〇一年)や『洋裁文化と日本のファッション』(青弓社、二〇一七年)の著者井上雅人氏をお招きして、セミナーを開きます。
男性中心、工業化、政治、有名性を中心に語られて来た歴史において、生活の中で、女性たちがいかにして対抗文化をひっそりと育んだか、洋裁を通した女性の主体的な文化形成、工業化や生活技術の外部化以外の近代化の道、戦争を挟んで変化したこと変化しなかったことなど、現在の歴史学やジェンダー論への反省的な見直しから浮かび上がってくる近代日本のファッション文化を再考する機会をもちたいと思います。

報告 井上雅人(武庫川女子大学)
司会 板井広明(お茶の水女子大学IGS)

入場無料、要事前申込 申込フォーム

主催: お茶の水女子大学ジェンダー研究所


6/5 合評会:倉橋 耕平『歴史修正主義とサブカルチャー:90年代保守言説のメディア文化』

IGSセミナー(東アジアにおけるジェンダーと政治①)

日時:2018年6月5日(火)18:00~20:30
会場:お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科棟604室

1990年代以降の社会と知の分断状況を、歴史修正主義の台頭とそのサブカルチャー形成という点から鮮やかに描き出した『歴史修正主義とサブカルチャー』(青弓社、2018年)の合評会を、著者の倉橋耕平氏をお迎えして開きます。

登  壇 倉橋耕平(立命館大学ほか)
コメント 富永京子(立命館大学)
本山央子(お茶の水女子大学(院))
司  会 申 琪榮(お茶の水女子大学IGS)
板井広明(お茶の水女子大学IGS)

入場無料
要事前申込 申込フォーム

主催: お茶の水女子大学ジェンダー研究所

 

カテゴリー別記事一覧